2009年11月07日

井関理奈容疑者上枝由季容疑者仲俣拓人容疑者と大学生犯罪者リスト

井関理奈容疑者
理科大&成蹊大 バカップルは大麻
埼玉県警上尾署に28日、大麻取締法違反の現行犯で逮捕されたのは、上尾市に住む東京理科大4年の仲俣拓人(23)と、一緒にいた所沢市の成蹊大3年の上枝由季(21)の2容疑者。

 2人は恋人同士で、28日午前5時35分ごろ、上尾市内で自転車でタラタラと走っているところを署員に職務質問された。慌てた東京理科大生の男が持っていた袋を捨てようとしたため、中を調べたところ、乾燥大麻が入った小袋3袋(約4グラム)が見つかった。

 男は「渋谷でイラン人風の外国人から買った」「2人で一緒に吸った」と供述しているという。
http://news.livedoor.com/article/detail/4426962/

京都の女子大生たちが陥った覚醒剤の“魔の連鎖”
覚せい剤取締法違反(使用など)容疑で京都外国語大4年、井関理奈容疑者(22)が大阪府警に逮捕された。覚醒(かくせい)剤に手を出した動機について、調べに対して井関容疑者は「男友達との人間関係に疲れ、覚醒剤を使った」と供述する一方、「一時は使うのをやめていた」とも話しているという。再び覚醒剤を使うことになった背景には、同じ大学に通うもう1人の女子大生が絡んでいた。覚醒剤の“魔の連鎖”に陥った女子大生たち。2人の間で交わされた会話とは…。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091107-00000521-san-soci

 覚せい剤を使うと脳が一生その快楽を覚えているようなので何度も繰り返すそうですね。社会復帰が出来ない以上は一生過ごせる施設での労働環境の用意が必要でしょう。下手に社会復帰して世間を穢す必要ないですからねもうやだ〜(悲しい顔)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。