2009年11月29日

サウジアラビアの紅海沿岸のジッダの豪雨

スポンサードリンク
サウジの洪水犠牲者103人に、市当局に批判強まる
 またSNSサイト、フェースブック(Facebook)には「ジッダの街を守る人々の運動」というページが作られ、開設から3日で参加者は1万1000人を超えた。このページの参加者らも、市当局と市から委託された業者が適切な防災インフラを作っていなかったと批判している。

 メディア技術の教授だという参加者の1人は、「この問題は何年も前から議論されてきた。小規模な洪水はこれまでにも起きていたので、いつかこのような災害が起きるとだれもが思っていた」と話す。「(今回の洪水の)原因は1つしかない。腐敗だ。当局は多額の予算を付けたが、その予算はどこかに消えてしまった」


フェースブックの力はすごいですね。いずれにしても災害対策は未然に防げるものかどうかが問題ですね。
 インフラ整備費用を考えるとその地域に住まない選択肢もあるのでは?


スポンサードリンク
posted by シンプルな目線 at 16:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 海外の話題・ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134241959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。